四国お遍路 徳島三番〜六番札所

2022.04.11

旅館 大鳥居苑の朝は鳥のさえずりと

お隣のワンちゃんの鳴き声ではじまった。

朝食は玉子ホカホカ。ホッケはパリフワ。

そしてまたもやお出汁が最高です〜!

身体の疲れはほとんどなし。

この2年ほどは外出時で5000歩ほど。

普段は2000歩も歩かないでいたのに

9685歩も歩いた翌日に

足も身体も疲れはほとんどなし。

氣望さん充電の賜物です。

(桜との初ショット🎶)

一番札所「霊山寺」と二番札所「極楽寺」は

昨日打ち終わっているので今日は通し越して

まず三番札所「金泉寺」まで4.2km。

お遍路道のあちこちある案内。絵が可愛い。

そしてここからは昔ながらのへんろ道。

多くのお遍路さん動画で見たあの道を抜けると、

視界が開けて「金泉寺」に到着!

こちらは本堂の裏だったので表にまわる。

美しい朱色の門。

お寺内で撮るのはなんとなく憚れるから

門だけで充分🎶

パッと目を引くお花があちらにもこちらにも。

そしてまた道案内を発見。

次のお寺までは約5km。

だんだんくたびれてきた。

道もわからなくなって立ち止まっていたら、

車が止まって初めてのお接待。

栄養ドリンクと黒ニンニクゼリーをいただく。

一家に一台「トライザー氣望」納札を渡し

おっかなびっくり「南無大師遍照金剛」を3回。

車が去って心があったかくなって元気が出た。

坂を登り切ると門が見えてきた。

四番札所「大日寺」

本堂と太子堂に納経した後

ベンチで靴と靴下を脱ぎしばし休憩。

背中の荷物と腰のポーチ

さんや袋に分厚いMAP。

菅笠と金剛杖と同行1台氣望さん。そして水。

足の裏が重い重い( ;  ; )と言っている。

五番札所「地蔵寺」までは約2km。

朝ごはんで拵えたおにぎで元気を出す。

お大師様の後ろ姿と枝垂れ桜。

この間、他のお遍路さんとしばし並んで歩いた。

定年退職して歩き始めた大阪からのお遍路さん。

腹ペコなのに店がないと聞いて

お接待のドリンクをもらってもらった。感謝。

地蔵寺を出てすぐに農家のおじさんからお声が。

徳島の観光パンフレットを山盛りいただいた。

志村けんさんのひとみ婆ちゃん!?にそっくり。

話が終わった…と思うとはじまって面白かった。

本日最後の道のり。

五番から六番は5.3km。

と、木登り猫に遭遇。

朝からの累計距離は16.2km。

右と左。金剛杖と氣望さんを何度も持ち替える。

同行さんたちでなく自分の腕自体がもう重たい。

藤が咲く祠の前にベンチを見つけて突っ伏す。

しばらくすると家からお爺さんが現れて

「鳴門男に阿波女」

「お寺は古い瓦に価値がある」

話をしてくれた。

パンフレットもお話も素敵なお接待。

感謝いたします。

ついに残り0.9km。後少し、後少し。

第六札所「安楽寺」到着。

本日はこちらの宿坊で休みます。

お夕飯はお坊さんが謙遜されていたけれど

どれも優しいお味で野菜の味がしっかり。

大変美味しくいただきました。

(お酒好きには缶か瓶ビールがいただけます)

ご飯後の夜のお勤めは体験型。

安楽寺は温泉が有名。

数ある宿坊の中でも貴重な体験ができる

おすすめ宿になりました。

本日の歩数33,031歩。歩行距離18.3km

足の裏からふくらはぎ、

臀部、腰、背骨、首肩まで

氣望さんのPowerを充電して

2日目も完了です。

Fukumiya