高野山・奥の院参拝紀行

2022.02.20

はじめて映画館でみた映画「空海」📽

以来、高野山に行ってみたい

というのは子供の頃からの思い。

トライザー氣望開発者

宇宙人の先生との会話で

弘法大師・空海について伺い

居ても立っても居られなくなり

高野詣に。

片道5時間強の旅。

とは言え、交通手段が

徒歩のみだったことを考えると

難行苦行の末行き着く場所に

座ったまま辿り着ける有り難さ。

専用のバッグから

新幹線内の様子を見ている

氣望さん。まるで🐶のよう。

改めて高野山について

調べていたら

あっという間に新大阪に。

大阪、新今宮と乗り継ぎが続く。

はじめての駅、

はじめての電車は嬉しくてならない。

が、思いがけず寒さが痛い。

売店で貼るカイロを2つ購入。

極楽橋でケーブルカーに乗り換え。

それにしても… 高尾山、比叡山…

こんなにも勾配がきつかったかな

というほどの急な傾斜。

車中の階段はアトラクションのよう。

急な斜面に圧倒される。

危ないので氣望さんも座席に座る。

一緒に窓の外を眺めていると、

雪の中にカモシカ発見。

お出迎えありがとう(*≧∀≦*)

5分ほどで高野山駅に到着。

一面雪景色。

身支度を間違えた。

乗り物好きとしてはタクシーでなく

ミシミシ音がしそうなバスに乗り込む。

運転手さんに、この靴で大丈夫か?

たずねる。「足元に気をつけて」☃️

「奥の院前」到着。

時刻は15時前

雪空は少し遅い時間に感じる。

手水舎は凍って逆ツララ。

お大師様にご挨拶。

来られて本当によかった。

生まれてはじめての御朱印。

写真を写して良いかたずねると

高いよ!

笑顔でゆるしていただいた。

気温はマイナス3℃。

バスを待つ間に駆け込んだ

お蕎麦屋さんの暖に助けられた。

気づけば空が青くて美しい。

宿坊は「恵光院」さん。

ササっとスピーディーな対応。

雪景色が広がる広々としたお部屋。

しばらくガスストーブの前に座って

身体を解凍してから共同浴場へ。

お洒落でキレイなお風呂は貸切。

1日を振り返りながら

ぼんやりゆったりあたたまる。

夕食は17時30分。

お部屋の真ん中に朱色のお膳。

この場所で精進料理をいただけること。

お料理を運んでくれた人。

作ってくれた人。

お野菜を育ててくれた人。

大地の力、天の力。

来ることができた切っ掛け。

時間と環境。

何より、

体験できる身体があること。

両親、ご先祖様、

先人が築いてきてくれた過去に

感謝します。Fukumiya