四国お遍路 二十一〜二十二番札所

2022.10.16

季節は春から秋🌾

5ヶ月ぶりの徳島へは夜の便で✈️

翌朝8:20分発JR牟岐線阿南行きに乗り込む。

1本逃したら本日の目標が達成できなくなる。

何せ電車もバスも本数が驚きの少なさなのだ。

阿南駅は有人駅。

これまで無人駅ばかり見てきたから

何て立派な駅だろうと感心する。

乗り継ぎのバスが来るのは1時間後。

高速バス乗り場。

これから大阪に向かうバスの運転手さんと会話。

阿南駅から大阪までは199分3時間以上掛かる。

途中淡路島で休憩をとるのだそう。

往復で7時間以上。ハードな仕事だ。

太龍寺ロープーウェイの最寄りバス停

和食東(わじきひがし)までは40分。

到着に気付かずいたら運転手さんが

「降りないですか?」と声を掛けてくださった。

山頂に向かうロープーウェイが見える。

太龍寺はあの山の向こう。

「那賀川」は最も良好な水質として

清流四国一に選ばれた。

美しい川を見下ろしてロープーウェイは

グングン上がっていく。ものすごい急勾配。

一号支柱まで1,141m。全長2,775m。

日本最大規模のロープーウェイ。

支柱を通過する時の揺れで悲鳴が上がる。

手すりをつかむ手に力が入った。

到着時にまた大きく揺れて

再度悲鳴が上がったが

無事山門に立つ。

急な階段を登り本堂へ。

大師堂の納経後、裏へ回って御廟ご挨拶。

「力を抜け」と言われた気がした。

ありがとうございます。

下りのロープーウェイを待っていると、

団体のお遍路さんの男性が

「頑張ってね」とお接待をくださった。

#氣望さん と写真を写していたら、

太龍寺の副住職がお声がけくださった。

氣望さんを「宣伝してあげるよ」と。

嬉しかった。慶びは力。

感謝申し上げます。

前回打った鶴林寺の塔が見える。

あんなところまで登った。ここも同じだ。

数百年前、こんな山頂にどれだけの

想いと苦労で建物を建てたのだろう。

空が青い。

来ることが、乗ることが、出来てよかった。

ロープが新しくなったらまた来たい。

朝から何も食べていなかった。

前日、徳島駅前の居酒屋まことのご主人が

握ってくれたおにぎり🍙

ご馳走だった。

写真を撮す間も無くお腹におさまった。

一歩一歩の先には栗の木🌰

充電中の桜並木🌸

そして秋桜✨

平等寺まで後わずか。

開けた山門。

本堂への急な階段は

両サイドに小銭がバラバラと置かれている。

登ってみると思ったより高い。

麓がよく見渡せる。

納経を済ませ山門にご挨拶していたら

クルマお遍路のご夫妻が

「お接待です」

と500円くださった。

何かしらの心がこもったお接待。

大切に扱わせていただきます。

ありがとうございます。

ヨタヨタ歩いていたらススキに頭を撫でられる。

宿まで歩くのは諦めて電車の駅まで来たものの

電車は1時間以上来ない。

宿に電話して送迎を頼む。

お宿は田井ノ浜の目の前「明山(めいざん)荘」

迎えに来てくれたのは修行から戻ったばかりの

次男さん。お兄さんは一足先に修行を終えて

これから2人で料理自慢のお宿を

盛り上げていくのだそう。

夏場だけの駅。今は休憩中。

お料理はどれも新鮮でお仕事されていた。

量を控えめにお願いした。

お刺身が苦手だからこそ美味しさがわかる。

🥕海老🦐

たくさんの出来事に感謝して

明日は徳島県を打ち終えよう。

Fukumiya